むくみの原因ってなに?代表的な六つの原因を紹介!

女性の大きな悩みのひとつであるむくみ。

朝起きたら顔や足がパンパンにふくらんでいて、靴が入らないこともある。

夕方になると足がむくんで靴やストッキングがきつくなって辛い。

そんな厄介なむくみですが、これってどうして起こるのでしょうか。

今回はそんなむくみの原因を紹介していきます。

むくみの原因その一。運動不足

そもそもむくみって、どんな状態なのでしょうか。

それは、血管から血液の水分が外に漏れて皮膚の細胞間に過剰に溜まってしまった状態です。

基本的に血流が正常であればそのようなことは起こりませんが、血液中の水分が多すぎたり、心臓に血液を戻す力が足りないと、心臓から送られてくる血液が血管外に漏れやすくなってしまいます。

そして、心臓に血液を戻す働きは、筋肉、中でも脚の筋肉が重要となっています。

その為運動不足で筋力が低下してしまうと、むくみやすくなってしまいます。

むくみの原因その二。長時間同じ姿勢でいる事が多い

デスクワークや立ち仕事など、長時間同じ姿勢でいるとむくみやすくなってしまいます。

足を長時間動かさないでいると血液が循環する働きを持つポンプ機能が弱まり、重力によって足元から血液が心臓に戻りにくくなります。

むくみは血液の水分が血管から染み出し細胞間に溜まって生じるものなので、足元に血液が留まりやすくなるとその分むくみやすくなってしまうのです。

むくみの原因その三。塩分の取り過ぎ

食事で塩分を取り過ぎることもむくみの原因のひとつです。

塩分を取り過ぎると、身体が体内の塩分濃度を調整する為水分を欲します。

結果として血液中の水分量が多くなり、余分な水分が血管から水分が漏れやすくなってしまいむくみに繋がります。

むくみの原因その四。アルコール

お酒を飲んだ次の日にむくむという方は多いのではないでしょうか。

これは、アルコールを分解する為に身体が水分を求めるからです。

また、お酒のおつまみには塩分の多いのもこれに拍車をかけます。

お酒を飲んだ後お水が欲しくなるのはこういった仕組みからなんです。

そして、この時過剰に水分をとってしまうと排出されなかった分がむくみとして現れます。

むくみの原因その五。水分不足

余分な水分はむくみの原因のひとつです。

その為、むくみ対策としてなるべく水分を取らないようにしようと考える方もいます。

しかし水分補給を抑えると、身体はなるべく体内に水分をため込もうとします。

結果として、水分不足からむくみに繋がってしまうということもあります。

むくみの原因その六。月経前症候群(PMS)

月経前症候群(PMS)とは、生理前に心身の不調が表れる症状です。

そして、その症状のひとつとしてむくみができるという方は結構多いです。

これはホルモンバランスの変化が原因であり、生理中に症状が改善する場合がほとんどです。

むくみの原因その六。疲労やストレス、睡眠不足

疲労やストレス、睡眠不足などがむくみの原因となることもあります。

疲労が溜まると血行が悪くなり、疲労物質もむくみと大きく関係してきます。

また、ストレスによって分泌されるコルチゾールも体内に水分をため込みやすくします。

睡眠不足も血行の流れを悪くし、むくみの原因となってしまいます。

むくみの原因その他

ここまでは日常生活でありがちなむくみの原因をご紹介してきました。

しかし、他にも病気や薬の副作用などがむくみの原因となることもあります。

慢性的なむくみに悩まされている方、むくみ以外にも身体の不調が気になる方は早めに病院で診てもらいましょう。

また、初めて飲んだ薬でむくみが出た場合は医師に相談してみて下さい。